2017年1月17日火曜日

石油メジャーが割安

石油メジャーが割安ですね。

トランプ相場でかなり上昇をしましたが、それでも配当利回りはかなり高くなっています。

エクソンモービル、ロイヤル・ダッチ・シェル、BP(BP)、トタル(TOT)、シェブロン(CVX)に興味があります。
シェル、最優良の大型石油株
2016年7月19日の少し古い記事ですが面白いです。
大手石油会社は、石油価格が高い際には多額の利益を計上する。資本を魅力的な収益率で再投資すると思われがちだが、実際は埋蔵量の補充に多額を投資する。その取得では新興企業や国営企業との競争に直面するため、投下資本利益率が低下して、市場は最終的にバリュエーションの低下で応じることになる。
石油株は普通の株ない独特の癖があります。
投資家は、原油や天然ガス価格が反発しそうな時にエネルギー銘柄を買いと判断する傾向にある。しかし事業環境によってエネルギー企業が資本規律の改善を強いられる時期の方が、より良い買い場かもしれない。 
実際には、エネルギー価格の反発を捉えるのは難しいので、エネルギー企業の株価が低い時にコツコツと買い集めておくのが次善の策だと思います。
1997年と1998年の原油価格の暴落によって、石油業界は長期間にわたって設備投資の抑制を強いられ、資本利益率が上昇した。エクソンモービルの株価は1996年末から2005年にかけて2倍へ上昇し、石油大手の株価純資産倍率(PBR)は2.8倍に達した。その後、石油価格が上昇して設備投資に対する規律が外れ、PBRは1.4倍へ低下した。
PBRだけでは割安割高が判断できないですね。

ロイヤル・ダッチ・シェル(RDS.B)の場合、
バリュエーションはリスクを十分相殺できるようにみえる。過去10年間で、PBRは2.5倍から1.2倍へ急低下し、S&P500指数に対するディスカウントは10%未満から約60%へ拡大している。低いリターンでの多額の過剰投資を懸念して同社を避けた投資家の判断は正しい。しかし、同社が設備投資を抑制するにつれてディスカウントは縮小する見込みだ。株価が今後1年間で70ドルへ上昇しても、PBRは1.4倍にすぎない。 
斜陽産業で事業環境が厳しいと寡占化する傾向があります。

寡占化後に事業環境が改善すると、一気に業績が回復します。

石油、鉱物系の景気循環系で設備投資が莫大に必要な業界はそうなるパターンが多いです。

エネルギー価格や原油の価格がいつ上昇するかはわかりませんが、今のうちに少し仕込んでおくのも面白いのではないかと思っています。





なお、私はSBI証券で投資をしています。(NISA口座もSBI証券で開設)

SBI証券は殆どのサービスの手数料が安いので、ひとまずここで口座を開設すれば問題ないと思います。世界各国の株式へも投資できます。

2017年1月9日月曜日

「ちょびリッチ」のポイントをビットコインに交換 相場が下落したので

「ちょびリッチ」のポイントをビットコインに交換しました。

一時期は、中国投資家のリスクヘッジで価格が急騰しているとのニュースもありましたが、少し価格が落ち着いたと思ったのでポイントをコインに交換しました。
ビットコイン 最高値から23%安の急落
500円分のポイントをビットコインに交換しました。



「ちょびリッチ」は即時にビットコインに交換できるので便利です。


1ヶ月のチャートはこんな感じで、一気に価格が下落しています。

以前よりビットコインのボラティリティーは大きいと思っていましたが、ここ最近の動きは強烈ですね。

投機対象としては面白いですけど、資産運用の対象にするには危険だと思います。



現在の保有金額は約1万円です。

現在保有しているビットコインは、すべてポイントサイトからタダで手に入れたビットコインになります。まあ、タダで手に入れているコインなので気楽に保有、トレーディングをしています。金額もたいして大きくないですし。

ほとんどが「ちょびリッチ」からの交換で、スキマ時間で一日10分程度ポイントを貯めると、1ヶ月で500円分のポイントが貯まる感じです。

「ちょびリッチ」への登録は以下のバナーからできます。
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

「ちょびリッチ」経由でビットコインを手に入れたいと思う人は<お勧めの投稿>を参考にしていただけると大体の手順がわかると思います。

<お勧めの投稿>
「ちょびリッチ」の効率的でおすすめな稼ぎ方とゲームを紹介
ビットコインをタダで手に入れて投機にチャレンジ ポイントサイトやアンケートサイトを利用
【タダでビットコインを手に入れる】ちょびリッチならブログで紹介するだけで100ポイント 毎月参加可能

<関連投稿>
ビットコインのメリット eコマース決済と国際送金と価値保存手段
ポイントタウンとinfoQ(インフォキュー)を利用してタダで手に入れたビットコインの報告
ポイントサイトでタダで手に入れたビットコイン
ポイントタウンの「戦国!姫のお宝さがし」で100ポイントが当たる

2017年1月7日土曜日

2017年 オプショントレーディングを減らします

2017年はオプショントレーディングを減らす予定です。

正直、プライベートが多忙すぎてオプショントレーディングをする時間が捻出できません・・・


オプショントレーディング(特に、キャッシュセキュアードプットとカバードコール)は手間はかかりますが、勝つ確率が高く損益の調整も柔軟なので好きなんですが、いかんせんプライベートでの時間が足りません。

米国の相場が開くのが23時半で、そこからトレーディングをするのは「サラリーマンとして働いて、
家事をして、育児をして」から取り組むには少し厳しいです。

正直、2016年の後半もかなり無理をしながらトレーディングしていました。

育児の時間がかからなくなるまでは、しばらくオプショントレーディングの規模を大幅に縮小して、株のバイアンドホールドに切り替えます。


育児ができる時間は、子供が小さい時に限られている貴重な時間なので、資産運用で浪費してしまうのは勿体ないですね。



「子どもへのまなざし」は良書だと思います、精神科医でもある佐々木 正美氏の著書です。

佐々木 正美氏は「暮しの手帖」でコラムも書かれています。

育児で疲れた時に読むと癒されます。流行りの図解などがされているハウツー本とは異なり、何度も読み返せる質の高い本です。



なお、私はSBI証券で投資をしています。(NISA口座もSBI証券で開設)

SBI証券は殆どのサービスの手数料が安いので、ひとまずここで口座を開設すれば問題ないと思います。世界各国の株式へも投資できます。

2017年1月6日金曜日

ビットコイン 最高値から23%安の急落

仮想通貨のビットコインが最高値から23%安の急落をしました。

仮想通貨ビットコイン、前日記録の最高値から一時23%安
一部トレーダーによる利益確定の動きや、中国人民元の上昇が背景だ。
ビットコインの価格は5日、一時888.99ドルに下落した後、957.54ドルに持ち直した。厳しい通貨規制を講じる中国などでのビットコインの利用拡大を追い風に4日には過去最高の1161.89ドルを付けていた。 
ニュースでは中国の投資家がヘッジ目的でビットコインを利用しているとのことだそうです。

この手の投機的な動きに関する相関関係はすぐに崩れることが多いので注意が必要です。

一般の人が、元との相関関係が強いと認識しだしたら、その情報にもとづいて投機をするのは危険だと思います。(既に多くの人に情報が届いて、その優位性がなくなっているはずです。)


私も、ちょびリッチ経由でタダで手に入れた範囲でギャンブルを楽しんでいます。まあ、身銭を切っていない気楽さはこういった相場では心強いですね。


「ちょびリッチ」への登録は以下のバナーからできます。
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

「ちょびリッチ」経由でビットコインを手に入れたいと思う人は<お勧めの投稿>を参考してもらえれば大体の手順がわかると思います。

<お勧めの投稿>
「ちょびリッチ」の効率的でおすすめな稼ぎ方とゲームを紹介
ビットコインをタダで手に入れて投機にチャレンジ ポイントサイトやアンケートサイトを利用
【タダでビットコインを手に入れる】ちょびリッチならブログで紹介するだけで100ポイント 毎月参加可能

<関連投稿>
ビットコインのメリット eコマース決済と国際送金と価値保存手段
ポイントタウンとinfoQ(インフォキュー)を利用してタダで手に入れたビットコインの報告
ポイントサイトでタダで手に入れたビットコイン
ポイントタウンの「戦国!姫のお宝さがし」で100ポイントが当たる

2017年1月1日日曜日

SBI証券の「米国貸株サービス」「カストック【kastock】」の外国株式配当調整金は雑所得扱いとなる

SBI証券の「米国貸株サービス」「カストック【kastock】」の外国株式配当調整金は雑所得になります。

原則として、確定申告が必要になります。

また、雑所得扱いだと他の所得と合算のうえ、総合課税の対象となってしまいます。


【税金上は「外国株式配当調整金」は不利】


一般的には、損益の通算などができない「分配金」よりも、税金上不利になる可能性が高いです。

「外国株式配当調整金」は、日本株式の貸株サービスにおける「配当金相当額」と同じ扱いです。

「外国株式配当調整金」なんという名称を付けないで「配当金相当額」と記載してくれればわかりやすいんですけど。



【分配金になるか外国株式配当調整金になるかは事前にわからない】


ここが曲者で、「米国貸株サービス」「カストック【kastock】」では、分配金になるか外国株式配当調整金になるかは事前にはわかりません。要は出たとこ勝負です。(SBI証券のカスタマーセンターに確認済み。)

個人的な経験として、2016年12月末に保有しているETFに配当がありました。3つのETFを保有しているのですが、処理がばらばらです。

・Vanguard Small-Cap Index Fund ⇒ 分配金

・Vanguard FTSE Europe ETF ⇒ 外国株式配当調整金

・Vanguard Emerging Markets Stock Index Fd ⇒ 分配金

Vanguard FTSE Europe ETFの配当のみ「外国株式配当調整金」となり、他のETFは「分配金」で処理されました。

SBI証券のカスタマーセンターに確認したところ、基本は「分配金」で処理をするつもりだけれど、一部それが出来なかった場合は「外国株式配当調整金」になるとのことでした。

また、「外国株式配当調整金」と表示される経緯も結構わかりにくいです。

私の場合は、Vanguard FTSE Europe ETFの配当が18時頃に「分配金」と表示され、その後システム調整で表示が不可能となり、20時頃に「外国株式配当調整金」と表示されました。

この経緯についても、SBI証券に確認をしたところ、システム上一度「分配金」で表示をした後に、再度確認をして個別に「外国株式配当調整金」に修正をしていくとのことでした。

(「分配金」から「外国株式配当調整金」に変更する際に金額も多少前後するので注意が必要です、私の場合は入金された金額が微増しました。)


【「米国貸株サービス」「カストック【kastock】」を利用するには注意が必要】


結論として、税金を考えると「米国貸株サービス」「カストック【kastock】を利用する際には注意が必要です。

不用意に貸株をして「外国株式配当調整金」が増えると、雑所得扱いとなり総合課税の対象が増えるリスク・デメリットがあります。

時間があってマメな人は、配当がある月のみ「米国貸株サービス」「カストック【kastock】」を手動で解除するという方法があります。

一番安全な方法で収益も上がりますが少し面倒くさいですね。


なお、私はSBI証券で投資をしています。(NISA口座もSBI証券で開設)

SBI証券は殆どのサービスの手数料が安いので、ひとまずここで口座を開設すれば問題ないと思います。世界各国の株式へも投資できます。

2016年12月26日月曜日

ビットコインの価格が急上昇

ビットコインの価格が急上昇してます。

事後にニュースを探してみると・・・

ビットコイン時価総額が過去最高、取引の大半中国で
ロンドン 22日 ロイター] - 仮想通貨ビットコインの時価総額が22日、140億ドルを超え、過去最高を記録した。
欧州の大手取引所ビットスタンプBTC=BTSPでの取引価格は、5%高の875ドルと、2014年1月以来約3年ぶりの高値をつけた。
ビットコインの取引価格は、今年初めの約435ドルから2倍以上に上昇している。
取引の大半は中国で行われており、専門家の間では、人民元安を背景にビットコインが買われているとの見方が多い。
正直、中国発の相場だと考えるとかなり心配です、いつクラッシュするやら・・・。



12月の下旬から急上昇しています。

私のビットコインの評価額も大幅にプラスとなりました!



9,598円ですが、全てちょびリッチからタダで入手してトレーディングをして増やしています。

結構、上手く立ち回っているのではないかと自画自賛ですね。

タダで手に入れた範囲で遊んでいるだけなので、あまり損失とかは気にしていません。身銭を切っていない気楽さはこういった相場では心強いですね。


「ちょびリッチ」への登録は以下のバナーからできます。
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

「ちょびリッチ」経由でビットコインを手に入れたいと思う人は<お勧めの投稿>を参考してもらえれば大体の手順がわかると思います。

<お勧めの投稿>
「ちょびリッチ」の効率的でおすすめな稼ぎ方とゲームを紹介
ビットコインをタダで手に入れて投機にチャレンジ ポイントサイトやアンケートサイトを利用
【タダでビットコインを手に入れる】ちょびリッチならブログで紹介するだけで100ポイント 毎月参加可能

<関連投稿>
ビットコインのメリット eコマース決済と国際送金と価値保存手段
ポイントタウンとinfoQ(インフォキュー)を利用してタダで手に入れたビットコインの報告
ポイントサイトでタダで手に入れたビットコイン
ポイントタウンの「戦国!姫のお宝さがし」で100ポイントが当たる

2016年12月25日日曜日

貸株をやめました デメリットが多いので、配当金相当額は税金的に不利

貸株をやめました、個人的にデメリットが多いと判断しました。

特に、配当金相当額は税金的に不利です。


貸株をしていると、配当金については源泉税徴収後、配当金相当額として支払われます。

その後、雑所得扱いとなり、他の所得と合算のうえ、総合課税の対象となります。


ポイントとしては、「確定申告」をするかしないかが判断のわかれめです。

年収2,000万円以下のサラリーマンで給与所得以外の所得が20万円以下の場合など、一定の要件を満たす場合は確定申告が不要になる制度があります。

この制度の範囲内で、確定申告をしないのであれば、貸株をしてもメリットが多いと思います。

反対に、この制度の枠を超えて、確定申告をする人の場合は、貸株のデメリットが多くなります。

私の場合は、オプショントレーディングをしており、確定申告は必須となり、結果的に貸株のデメリットが大きくなったと判断しました。

配当金相当額を雑所得扱いとして総合課税が上がってくるのはあまり面白くありません。

全体で見れば、確定申告をしていない人の方が多いので、貸株のデメリットは強調されていませんが、場合によっては不利・デメリットがあることを頭に入れておいた方がいいと思います。


なお、私はSBI証券で投資をしています。(NISA口座もSBI証券で開設)
SBI証券は殆どのサービスの手数料が安いので、ひとまずここで口座を開設すれば問題ないと思います。世界各国の株式へも投資できます。