2008年8月5日火曜日

旅行に行ってきます

運良く長期の休暇が取れたので旅行に行く予定です。
なので暫くブログの更新を休みますが、帰って来たらまたよろしくお願いします。

新興国ETFの比較、EEMとVWO

新興国ETFであるEEMとVWOの比較記事を紹介します。

   信託手数料、リターン、 構成銘柄
EEM:0.74%   、34.6%、335銘柄
VWO:0.25%   、39.1%、822銘柄
※MSCIエマージング・マーケット指数のリターン39.4%
※MSCIエマージング・マーケット指数は779銘柄

 バンガードのETFである「VWO」の方が手数料が安く、指数との連動性も良い結果となっており明らかにEEMよりも優れているようだ。
 やはりバンガードのインデックス運用の巧みさ・顧客の利益を追求する企業姿勢には一日の長があるのだろう。
 今後、楽天証券でバンガードのETFの取り扱いもあるようなので日本の証券会社で購入が可能になれば投資を検討したいと考えている。



以下ヘッジファンドクルーク引用
米ETF市場、シェア争いでしのぎを削るエマージング市場ETF―iSharesとバンガード

2008.08.05 08:18
1日付のダウ・ジョーンズによると、高成長が続くエマージング市場への投資に特化したETFが人気を集めている。しかし、これまで独壇場だった「iShares MSCI Emerging Markets Index Fund(EEM)」も新興勢力の台頭で激しいシェア争いに直面している。
エマージング市場に対する投資意欲が高いのは、高成長が続いているため、長期リターンが期待できること、また、米国の株式市場との時差を利用できるため、エマージング市場の株式投資をポートフォリオ全体の5%にするだけでも分散投資が可能になるからだ。
こうした分散投資の流れに乗って、EEMの純資産総額は200億ドルに達し、ETF全体で3番目に大きな資産額となっている。
しかし、最近はEEMの年間の信託手数料が高すぎるとの批判が投資家からあがっており、手数料が安い同業他社からの追撃を受けている。その一つが純資産総額70億ドルの「Vanguard Emerging Markets ET(VWO)」だ。
VWOの年間の信託手数料は、運用資産額の0.25%で、EEMの0.74%に比べると3分の1。AMGデータ・サービスによると、バンガードには今年だけで、21億3000万ドルの新規資金流入が見られたのとは対照的に、EEMは28億ドルの資金流出に見舞われている。
両社の手数料差0.49%ポイントは、米FINRA(金融取引業規制機構)によると、今後20年間、両社のETFがベンチマークの過去20年間の平均リターン17.65%で推移した場合、投資額1万ドルに対する運用成績(手数料込み)は、バンガードが24万5544ドルに対し、EEMは22万2626ドルと、約2万3000ドルの格差が生じることを意味するという。
投資家のEEMに対するもう一つの懸念は、EEMのリターンがベンチマークのリターンに達していない点だ。2007年のEEMのリターンは、MSCIエマージング・マーケット指数のリターン39.4%を大幅に下回る34.6%に対し、バンガードは39.1%とわずかに下回った程度だ。
これは、EEMがベンチマーク構成の779銘柄のうち、335銘柄しか運用していないのに対し、バンガードはADR(米預託証券)を含め822銘柄(一部重複)を運用しているため、ベンチマークにより近い運用成績となっているからである。
Dow Jones01 Aug 2008 12:35 BSTEmerging-Markets ETFs Duel For Investors

ETF市場合併・閉鎖への対応策

 現在景気の先行きも不透明であり今後大幅に景気後退が起きた場合などETFの合併・閉鎖が増えるのではと思っている。
 そのような場合の対応策を書いたニュースがあったので紹介したい。

対応策

1.純資産総額5,000万ドル未満(約50億円)のETFへの投資は避け、バークレイズ・グローバル・インベスターズ、ステートストリート、ヴァンガードなどの大手のETF運用会社を選択すべきである。

2.特定分野に特化しすぎたETFではなく、主要な株式や債券をベンチマークとしたETFに投資すべきである。

3.保有しているETFが閉鎖された場合、ポートフォリオの流動性を考慮すべきである。ある程度の流動性が確保されていれば、手数料なしで資金の払戻しを受けることが可能となる。

当然といえば当然だが、純資産が大きく、メジャーで流動性が確保されたETFが好ましいようである。ついリターンを考えてニッチでパフォーマンスの良いETFに目がいってしまうが気をつけたいと思う。


以下ヘッジファンドクルーク引用
ETF市場に到来する合併・閉鎖の波
2008.08.04 11:19
ETFが初めて登場した1993年は、株式と同様に取引が可能で、コストも安く、税金も低く抑えることが可能であることから、良い投資対象だと考えられていた。しかし、2008年にはETF(ETNも含む)は投資には不適格な商品となってしまった、と2日付けのウォールストリートジャーナルが報じている。
現在、米国に上場されているETFは約800本に達し、多くのETFはニッチ市場に特化し過ぎた商品となっている。
ETF情報サイトのindexuniverse.comによると、純資産総額が1,000万ドル未満のETFは204本、5,000万ドル未満にいたっては369本も存在している。純資産総額が5,000万ドル未満のETFは清算の危険にさらされており、清算されるかどうかではなく、いつ清算されるのかが問題となっている。
通常、ETFを閉鎖するには、ポートフォリオの資産は売却し投資家に資金が返還するか、資産規模が大きい他のETFと合併する方法が取られる。
米アメリストックは6月、運用する債券ET5本を閉鎖した。同社のガーバー代表は保有する資産の流動性が確保されていたことから15分でETFの清算ができた、と語っている。もし、ETFの投資対象が流動性が低い証券でディストレスト市場での清算に迫られれば、ヘッジファンドと同様な状態に陥っていた。投資家は基準価額や純資産総額が当てにならないというリスクを軽視している、と同氏は警告している。
さらに同氏は、気がかりとまでは行かないが、発生の可能性が高いのが「カメレオンリスク」と名づけられた合併リスクである、と指摘している。ファンド情報会社のモーニングスターよれば、2001年から2007年末の間、1,548本のミューチャルファンドがファンドの存続のため合併した。合併の結果、投資家は当初想定していたファンドと全く別のファンドの保有を余儀なくされた。また同氏は、今後ミューチャルファンドで起きた合併の波はETF市場にまで拡大すると見込んでいる。

◆「合併の波」を乗り切るための行動指針
1.純資産総額5,000万ドル未満のETFへの投資は避け、バークレイズ・グローバル・インベスターズ、ステートストリート、ヴァンガードなどの大手のETF運用会社を選択すべきである。
2.特定分野に特化しすぎたETFではなく、主要な株式や債券をベンチマークとしたETFに投資すべきである。
3.保有しているETFが閉鎖された場合、ポートフォリオの流動性を考慮すべきである。ある程度の流動性が確保されていれば、手数料なしで資金の払戻しを受けることが可能となる。

Dow JonesWhat To Do When A Fund Closes Down Your ETF02 Aug 2008 04:07 BST WSJ(8/2)

2008年8月3日日曜日

お勧め書籍紹介「冒険投資家ジム・ロジャーズ世界大発見」


書籍名「資本開国論」
お勧め度:★★☆
カテゴリー「経済・投資・旅行」

「メリット」
・ジム・ロジャーズという一級の投資家の考え方を垣間見れる。
・彼は「安く買い、高く売る」の考え方で投資をしており、「商品」が素晴らしいというよりも「商品」が割安との判断で投資を行っているとのこと、今後「商品」が割高になり「株式」が割安になった場合は、また「株式」に投資行いたいとの記述は面白かった。

「デメリット」
・個人投資家に対しての投資のアイディアなどは少ないと思う。彼のように誰も投資をしていない時点で商品やフロンティアマーケットに投資を出来る個人投資家は殆どいないと思う。

「結論」
・旅行関係の本としても読み応えがあり読み物としてお勧めです。ジム・ロジャーズという一級の投資家の視点・考え方で書かれており、彼の独自の経済や投資に関する考え方を元にした旅行記は他の旅行記と異なる視点でかかれており非常に面白かった。