2009年5月24日日曜日

皆さん忙しいようで

最近、仕事が忙しくブログも更新できていなかった。
ここ2週間は週6勤務で一日12時間労働だったのでなかなかブログの更新すら出来なかった。(規定は週5勤務、土日は休日)

先日の土曜日に仕事をしていた時、たまたま他社で一緒に仕事をしている人と話をしたら、その人いわく「5月に休日は一日もありません!」とのこと。
かろうじて日曜が休める私は幸せ者なんだと思ってしまった。

ライフワークバランスが提唱されて久しい昨今であるがバランスのとれた生活をしている人々は少ないようだ。

2009年5月11日月曜日

5/19付けで海外ETF「PEH」「PUA」が償還になる

5/19付けで償還されることになる海外ETFがあるようだ

対象は下記である。

・PEH
パワーシェアーズ ダイナミック ヨーロッパ ポートフォリオ
・PUA
パワーシェアーズ ダイナミック アジア太平洋 ポートフォリオ

ishipponは投資をしていなかった海外ETFになるが、ファンダメンタルインデックスを指数としたETFには興味があったため、こんなにも早く償還されてしまうとは驚きであり残念でもある。

海外ETFは売買手数料も高く、税金の計算も面倒であり、為替手数料もかかるので、償還されてしまうと非常にコストが高くつき、手間もかかってしまう。
当然、投資時点よりも価格が下がっていれば損が確定してしまうし損益の通算をするのであれば確定申告も必要となってくる。

長期投資を前提とするのであれば、償還の危険性にも常に注意をしながらETFを選ぶ必要があるのだと改めて思った。

2009年5月10日日曜日

ついにゴーヤが発芽した!

4月上旬にゴーヤの種をまいたのだが、寒かったせいもありなかなか発芽せず心配をしていたのだが、ゴールデンウィークから暖かい日が続いたこともあり、ついにゴーヤが発芽した!

教科書的にはゴーヤの種は硬いため、
①先端を爪きり等で切り種の内部に水分を吸収しやすくする。
②十分に濡らした脱脂綿の上におき発芽を待つ。
③発芽をしたら植えつける。

という順番が正しいようだが、ついつい面倒だったためそのまま種を地面に植えて放置をしていたのだが無事に発芽をして一安心した。

単純に土に蒔いただけでは発芽まで一ヶ月近くかかったことになる。

今年の夏の目標は自家製のゴーヤでゴーヤチャンプルである。




2009年5月9日土曜日

日本の証券会社で投資可能なアメリカのETFを比較検討①

日本の証券会社で購入が出来るアメリカのETFを比較検討をします。

ishipponの個人的な判断の基準として

・小型株効果はあると思う
・バリュー株効果はあると思う
・コストは安い方が良い
・Total Net Assets が低すぎるのは償還の危険もあるので選択肢から外す



調べたところ、日本では小型バリューETFは購入することが出来ないため

選択肢として

①大型バリューETF「DVY」に投資をして、バリュー効果を狙う

②小型株ETF「IJR」「IWM」「VB」に投資をして小型株効果を狙う

があると思う。

またバンガードの方が手数料も安いため「VB」への投資が現時点では良いのではないかと思う。

今後、リターンの比較検討もしてみたいと思う。

2009年5月6日水曜日

投資の目的は「自由時間の確保」

今まであまり書いていませんでしたが、私の投資の目的は「自由に生きる」≒「自由時間の確保」で、「アーリーリタイア」というよりは「充実したライフワークバランスの実現」です。

その中で必要になる要素として、大切だと考える順番で記述します。

1.「収入の確保」≒「仕事のスキル」「雇用形態」
今の日本で正社員の地位でバランスの取れたライフワークバランスを実現されている方は少ないと思います、実際に「自由時間」を確保したいと考えた場合は「雇用形態」についても真剣に考える必要があります(正社員でライフワークバランスが確保出来る働き方がベストだと思っています。)

2.「人生に対する考え方」
「一億円たまったらアーリーリタイアしよう」という考え方もあるとは思いますが、「3千万たまったから、今よりも自由時間の確保出来る雇用形態にしよう」「40才になったから自由時間を増やそう」などのように完璧を目指すのではなく、現実に即して段階的に目標に向かってゆく考え方が良いと思います。一概には言えませんがイギリスでセミリタイアをする人の資産は日本よりも遥かに少ないと聞きます。

3.「収入の補助としての資産運用」
資本主義経済の中で労働をするだけでは効率的に資産を増やせません、また資産を増やせるチャンスがあるのにそのチャンスを利用しないのは勿体無いと思います、ただ一個人の資産運用額では生活に必要な金額を投資のみで稼ぎ出すのは難しいです、資産運用はあくまで補助であると思います。

そのように考えてゆくと、私が投資をしている目標は「自由時間の確保」であり、そのような状態に出来るだけ早く辿りつくためのツールであります。
早く沢山の自由時間を確保し、本を読んだり、家庭菜園をしたり、物をつくった、やりがいのある仕事をしたりして自由時間を謳歌したいと思います。





2009年5月5日火曜日

メキシコ経済と豚インフルエンザ

メキシコ経済の重要な要素として

1.原油
2.観光
3.アメリカへの出稼ぎ労働者からの仕送り

があるのだが、「原油」と「アメリカへの出稼ぎ労働者からの仕送り」は世界経済の景気減速から調子が悪くなっており、この時期に豚インフルエンザにより「観光」の被害も甚大である。

メキシコの経済を支える重要な三本の柱がこの調子なので今後かなり厳しい状況が続くのではないかと思う・・・



新興市場のインデックスとメキシコインデックスの比較だが、ほとんど似たような動きをしている。

EEM:iShares MSCI Emerging Markets Index Fund
EWW:iShares MSCI Mexico Inv Mkt Idx