2009年6月28日日曜日

各国インデックスのPERとPBR

各国インデックスのPERとPBRをを調べました。

ティッカーシンボル : PER : PBR : PER×PBR

IVV(S&P 500 Index ) : 17.46 : 3.41 : 59.53
EFA(MSCI EAFE Index) : 17.67 : 2.13 : 37.64
EEM( MSCI Emerging Markets Index) : 18.00 : 2.86 : 51.48

PERとPBRをかけた数値で見ると、IVV(アメリカ)、EEM(新興国)、EFA(先進国)の順で割高である。

サブプライム震源地のアメリカも最近は株式相場が持ち直しつつある中で、多少バリュエーションが高くなっているのかもしれない。
また中国をはじめとして新興国は経済も底堅いために株式相場も回復し始め、バリュエーションが高くなっているのかな。
ヨーロッパなどの先進国の経済回復が相対的に一番遅いためにバリュエーションも低いと思われる。

当然、あまり経済に詳しくは無いし、素人が相場を予想しても上手くいかないので、割安な「EFA」への投資が一番良いのかなと思っている。

大家さん業は儲からない?第02回

今回は、最初の関門の「土地の取得」です。

土地の取得は大きく2パターンあり。

①金融機関等から借り入れを行わずに土地を取得出来るケース。

 例:地主などで初めから土地を持っている、まとまったキャッシュで一括購入をする

②金融機関などから借り入れを行い土地を取得するケース。

 例:普通の人で土地の取得を借金で行う

実際にマンション経営が上手に行っている人は殆どが「タイプ①」である気がする。

金融機関などから借り入れを行い土地を取得する場合は借金の返済と利子の分だけ収益が圧迫されるため、マンション経営を長期かつトータルに判断するとタイプ②で上手に経営するのは非常にハードルが高い。

当然のことながら借金が無いぶんタイプ①の方が遥かに有利である。

2009年6月22日月曜日

大家さん業は儲からない?第01回

大家さん業(不動産オーナー業)は果たして儲かるのだろうか?
夢の左団扇のビジネスモデルで誰もが一度は憧れるだろう大家さん業だが・・・

結論として、なかなかに厳しいビジネスモデルだと思う。特に個人の大家さん業は全員が儲かっているわけではないようだ。

上手に大家さんとして儲けている人もいれば、銀行からの借り入れの返済で収支が合わない人もいるようである。

これから数回に分けて、大家さん業(不動産オーナー業)が果たして儲かっているのか、もし儲かっているのであればどのような要因があるのかについてブログを書きます。

ちなみに、コツコツと投資はしてますがインデックスの積立なのであまり話題がありません。

2009年6月14日日曜日

Vanguard Small Cap Index (VB)を購入

先月の報告になってしまいますがVanguard Small Cap Index (VB)を購入しました。
5月下旬にSBI証券で購入しました。

考慮したポイントとして。
1、小型株効果によりS&P500などよりリターンが期待できる。
2、日本の証券会社で購入が出来る。
3、資産規模(Net Assets)がそこそこ大きい。
4、運用会社がVanguardであり、信頼できる。
5、運用手数料が安い。
5、リレー投資として「STAM グローバル株式インデックス・オープン」(MSCIコクサイ・インデックス)を利用する予定なので小型株インデックスを利用した方が分散が出来ると判断した。

古い投稿にあるように、アメリカのアセットクラスを増やすに当たり、どのETFを組み入れるか悩んでいましたが、結果としてVanguard Small Cap Indexにしました。