2010年1月4日月曜日

2009年の資産運用を振り返って

2009年の投資を振り返ると

・「STAM グローバル株式インデックス・オープン」 の積立
・上記のファンドの投資額が大きくなったらETFに乗り換え

でした、多少は日本個別株の売買を行いましたが大きくパフォーマンスに影響するほどではありません。もともと2008年頃よりインデックス運用の割合が高かったため2009年も殆どインデックスと同じ程度の運用となりました。

インデックス運用がメインですので特段ブログにパフォーマンスを公開するほどでもありません。アクティブ運用をしていた頃と比べると市場をアウト・ダウンパフォームすることもなくなりましたが、資産運用以外のことに時間を使えること、銘柄の選択に一喜一憂することがなくなりました。

また、実際には
・合理的なファンド・ETFの選択
・アセットアロケーション比率の維持
・税金の対策
・運用をする額の決定
などこまごまとしたことがあり意外と時間をとられています。

2010年についても、基本的にインデックス運用をメインとしてバリュー投資の考え方で運用を行ってゆきたいと思っています。