2011年5月31日火曜日

築浅中古戸建が合理的



友人が築浅中古戸建を購入しました。

ishipponとしても賢い選択だなと思いました。

よくよく話を聞いたら、友人の不動産屋が親身になり相談にのってくれたそうです。

不動産業界は海千山千なので、業界の友人がいると非常に心強いです。

なぜ築浅中古戸建が合理的かというと、新築戸建は新築プレミアムがしっかりと企業の利益として上乗せされています。

新築プレミアムが剥げ落ちているが、建物として問題のない築浅中古戸建は合理的な選択です!


建物は年月ともに価値が0になってゆきます。


土地は年月を経ても一定の水準を保ちます。


いずれは価値がなくなる建物を安く取得するのは合理的で賢い選択です。


参考リンク

2011年5月30日月曜日

5月23日 オプション取引の報告

5月23日 オプション取引の報告

ポジションは
IWM (iShares Russell 2000 Index)
期限:2011/6/18
ストライクプライス:@79.00
オプション:Sell Naked Put

今回も引き続きプット・オプションの売り、キャッシュ・セキュアード・プットを行いました。
期限は2011年6月18日です、その日までにストライクプライスの79ドルをIWMが下回らなければプレミアム分が利益となります。実際には6月18日当日に79ドルを下回らなければ権利を行使されることは殆どありません。


権利が行使されればそのままIWMを購入するつもりです。


今後は機会をうかがいながらオプション取引の割合を増やして行くつもりです。


参考リンク
Buywrite Monthly Indexについて(2010/5/30)
Option関連のサイト(2010/5/16)

2011年5月29日日曜日

「やることリスト」の作り方

「やることリスト」は我流で作っていたのですが、
色々と本とかでも見かけたのでishippon流にまとめて見ました。

①帰る前に翌日自分のやるべきことを手帳に書く
②それぞれに優先順位をつける
③翌朝、会社に行ったら、手帳を机の上に開く
④優先順位ごとに実行する

些細なことですが、意外と役に立ちます。

終わったタスクは斜線を引いていきます。

一日が終わったときに「やることリスト」が全て斜線で消せれば完了です。

斜線を引くのも達成感があり気持ちが良いです。

また、必ず手帳をみる習慣がつくので、スケジュールを忘れるのも防げます。

参考書籍

「生活ほっとコース(個人賠償責任保険)」は「JCB EIT」カードを利用しよう

「生活ほっとコース(個人賠償責任保険)」を利用しようと思ったら、

「JCB EIT」カードを作るのがベストです。



メリットは
・年会費が永年無料(JCBが負担)なので、カードの維持費用が一切かからない

JCBのプロパーカードで年齢制限がなく年会費が無料なカードは「JCB EIT」しかありません。

また、JCBのプロパーカードでないと「生活ほっとコース(個人賠償責任保険)」に入れません。

「生活ほっとコース(個人賠償責任保険)」に入れる年会費永年無料のカードは「JCB EIT」だけです。


デメリット(注意点)は
JCB EITの支払いはリボ払いのみとなっています。また、元金(設定金額)を超えた利用がある場合にかかる手数料は、初回月のお支払い時は無料になりますがそれ以上では利子の支払いが必要です。
リボ払いとは「月々、一定額ずつを払うという支払方法、要は分割払い」のことです。

カードの特性上、全て自動的にリボ払いとなり、元金を超えた部分はリボ払いとなり利子を払う必要が出てきます。

そこで回避策として月々の設定金額を高く設定して下さい。

管理画面「MyJCB」から設定額は変更可能です。

JCBプロパーカードで年会費が無料+色々な特典がついているため、リボ払いを条件としないとビジネスとしてメリットがないのでしょう。リボ払い時の利子は高いのでそこで収益を上げないと成り立たないと思われます。

もしくは、「生活ほっとコース(個人賠償責任保険)」に入るだけのクレジットカードと割り切りあまり利用をしないというのも手ですが・・・

JCBさんからはリットがない契約者になりますが

ちなみに楽天クレジットカードはJCBプロパーカードではないので「生活ほっとコース」に加入が出来ませんので要注意です!!

<関連投稿>
【まとめ】お得でお勧めな「JCB EIT」カードのJCB「生活ほっとコース(個人賠償責任保険)」

2011年5月28日土曜日

ぬこ氏が働くようです

「無職生活開始~ by ぬこ」

のぬこ氏が働くようです。

5,000万円をためてアーリーリタイアを実現されていた方です。

リンクによると、貯金生活に戻るようです。

概要を調べたところ、

東電株(9501)を2万5千株買う

→津波で原発爆発して放射脳もれまくりんぐ

→東電株大暴落 (ほぼ紙くず)

→ほぼ同じ時期に史上最高の円高によるFXのドルのロスカットで
持ち金がゼロになる

→紙くずレベルの東電株を換金して、東北の被災者へ救援物資をおくる

→気がついたら資産がゼロになっていて道端に咲くタンポポを食べる毎日

→難波までいってタンポポを食べるらしい
となってしまったようです、実際にどれぐらいの被害なのかは判りませんが、

アーリーリタイアをやめ働くそうなので被害は大きかったと思われます。

ぬこ氏は体に気をつけ無理をしないで欲しいと思います。(タンポポを食べているようですし・・・)

また、集中投資、レバレッジ、アーリーリタイアのリスクを肝に銘じようと思いました。

<関連投稿>
「会社が嫌いになったら読む本」を読みました
Bライフと株式投資の相性って良さそう

グーグルブログにchromeでログイン出来ない(Internte Explorerで解決)

投資と関係ありませんが、

グーグルブログにchromeでログイン出来ない症状が続いています、

Internte Explorerだと普通にログインできます。

同じような症状で困っているようでしたら

chromeからInternte Explorerにブラウザを変更すると解決するかもしれません。

昨日あたりからchromeとグーグルブログの相性が悪いようです、グーグルのブラウザなのにグーグルのブログと相性が悪いというのも変ですね・・・

chromeはインターフェースや操作感覚が直感的でスピードも早くて気に入っているのですが、不具合やバグが多い気がします。

2011年5月27日金曜日

2011年5月27日 ポートフォリオ

今月はあまり変動ありませんでした、多少株式の評価額が下がったくらいです。

オプション(デリバティブ)取引が好調です。
キャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)の運用は上々です。

概算ですが1~6月までのリターンは4~5%になります。
オプション取引ではハイリターンを追及していません、満足した結果が得られています。

このような一進一退の相場ではオプション取引は利点があります。
また、株式のクラスと相関関係が低い点もメリットです。

以下、現在のポートフォリオ(青時は新規)

【流動資産】
日本円
ドル

【日本株式】
2503 キリンHD
2665 MKI
2802 味の素
4968 荒川化学
6718 アイホン
6896 北川工
6957 芝浦電子
7203 トヨタ自
7503 アイ・エム・アイ
7749 メディキット
9652 日本医療
9986 蔵王産業

【外国株式 先進国】
IVV iShares S&P 500 Index
IJR iShares S&P SmallCap 600 Index
DVY iShares Dow Jones Select Dividend
VB  Vanguard Small-Cap
EFA iShares MSCI EAFE Index Fund
EFV iShares MSCI EAFE Value Index
VGK Vanguard European

【外国株式 新興国】
EEM iShares MSCI Emerging Markets Indx
VWO Vanguard Emerging Markets
DGS WisdomTree Emerging Mkts Small Cp Div Fd
EWZ iShares MSCI Brazil Index
HDB HDFC BANK LIMITED(インド個別銘柄)

【セクター別投資】
KXI iShares S&P Global Consumer Staple
IXJ iShares S&P Global Healthcare Sect

【オプション】
IWM(iShares Russell 2000 Index) put option sell

2011年5月26日木曜日

MSCI Mexico Investable Market Index Fund(EWW)のバリュエーション

MSCI Mexico Investable Market Index Fund(EWW)のバリュエーションです。

PER:20.13
PBR:4.18

意外と割高なんですね。
インドネシアと殆ど同じバリュエーションです。
どこか割安に放置されている投資先があれば投資したいんですが・・・

意外とアメリカの生活必需品セクターとかが割安だったりして。

ちなみに、MSCI Mexico Investable Market Index Fund(EWW)の保有銘柄は

AMERICA MOVIL SAB DE CV-SER L
WALMART DE MEXICO-SER V
FOMENTO ECONOMICO MEXICA-UBD
GRUPO MEXICO SA-SER B
GRUPO TELEVISA SA-SER CPO
GRUPO FINANCIERO BANORTE-O
CEMEX SAB-CPO
TELEFONOS DE MEXICO SAB SER
Alfa SAB de CV
GRUPO FINANCIERO INBURSA-O

2011年5月25日水曜日

MSCI Indonesia Investable Market Index Fund(EIDO)のバリュエーション

現時点のMSCI Indonesia Investable Market Index Fund(EIDO)のバリュエーションです。

PER:19.90
PBR:4.77

意外と割高なんですね。
最近はアメリカ、欧州、日本、新興国ともに割安感がない印象です。

ちなみに、MSCI Indonesia Investable Market Index Fund(EIDO)の保有銘柄は


ASTRA INTERNATIONAL TBK PT:11.44%
BANK CENTRAL ASIA PT:9.10%
TELEKOMUNIKASI TBK PT:7.76%
BANK RAKYAT INDONESIA:7.14%
BANK MANDIRI TBK:6.67%
BUMI RESOURCES TBK PT:6.39%
PERUSAHAAN GAS NEGARA PT:4.36%
UNITED TRACTORS TBK PT:3.45%
BANK NEGARA INDONESIA PT:3.02%
SEMEN GRESIK (PERSERO) PT:2.82%

です、全保有銘柄も65銘柄とあまり多くない印象です。

そのほかに、新興国は取引に制限も多いため市場は効率的でないと思っています。

2011年5月22日日曜日

5月21日 プット・オプション(put option)は行使されず

5月21日が期限のIWMのプット・オプションを売っていました。権利が行使されずプレミアム分がそのまま利益となりました。

ポジションの詳細は
IWM (iShares Russell 2000 Index)
期限:2011年5月21日
ストライクプライス:@81.00
オプション:PUT

来月も引き続きプット・オプションの売り、キャッシュ・セキュアード・プットを行う予定です。

オプション取引を始めてはや10ヶ月。

細かく計算をしていませんがリターンは5~10%位だと思います。

まあ、2010年8月のIWMの株価は安かったので結果的にはバイアンドホールドの方がリターンは高かったと思いますが。

オプション取引のメリットはかなりあると考えています。

・株式と異なる動きでリスクヘッジになる


・毎月キャッシュフロー(現金収入)はある


・5~10%のリターン


・バイアンドホールド戦略と相性が良い

上記より今後も引き続きオプション取引をしていきたいと思っています。
毎月お小遣いが欲しい場合、毎月分配型の外国債券ファンドを買うより、デリバティブ取引(オプション戦略)の方がコストが安いと思います(笑

2011年5月20日金曜日

2011年4月28日 Russell/Nomura Large Value(ラッセル野村 ラージバリュー)構成銘柄一覧

2011年4月28日 時点

Russell/Nomura Large Value(ラッセル野村 ラージバリュー)構成銘柄一覧

前回、ラージバリュー銘柄を適当に仕込ました、リターンは全てプラスでなかなか上々です。(まあ、相場が上昇傾向なので実力ではないと思いますが)

本来ならインデックスと比較するべきなのでしょうが、面倒なのでしていません。

ishipponとしては簡易な方法でそこそこのリスク/リターンであれば十分満足です。

時間をかけ企業分析をするのと、バリューインデックスから適宜選ぶのでそんなにリターンに違いはないのではないかと勝手に想像しています。

購入検討銘柄は協和発酵キリン・田辺三菱製薬・小野薬品工業・大正製薬・大塚ホールディングスになります。

クラレ・旭化成・電気化学工業・エア・ウォーター・カネカなんかも面白そうですね。




5202 日本板硝子 ガラス・土石製品
5214 日本電気硝子 ガラス・土石製品
5332 TOTO ガラス・土石製品
5334 日本特殊陶業 ガラス・土石製品
5108 ブリヂストン ゴム製品
5110 住友ゴム工業 ゴム製品
4324 電通 サービス業
8253 クレディセゾン その他金融業
8591 オリックス その他金融業
7832 バンダイナムコホールディングス その他製品
7911 凸版印刷 その他製品
7912 大日本印刷 その他製品
7951 ヤマハ その他製品
3861 王子製紙 パルプ・紙
3893 日本製紙グループ本社 パルプ・紙
4151 協和発酵キリン 医薬品
4508 田辺三菱製薬 医薬品
4528 小野薬品工業 医薬品
4535 大正製薬 医薬品
4578 大塚ホールディングス 医薬品
2768 双日 卸売業
2784 アルフレッサ ホールディングス 卸売業
7459 メディパルホールディングス 卸売業
8001 伊藤忠商事 卸売業
8015 豊田通商 卸売業
8031 三井物産 卸売業
8053 住友商事 卸売業
8058 三菱商事 卸売業
9987 スズケン 卸売業
3405 クラレ 化学
3407 旭化成 化学
4004 昭和電工 化学
4005 住友化学 化学
4043 トクヤマ 化学
4061 電気化学工業 化学
4063 信越化学工業 化学
4088 エア・ウォーター 化学
4118 カネカ 化学
4182 三菱瓦斯化学 化学
4183 三井化学 化学
4188 三菱ケミカルホールディングス 化学
4202 ダイセル化学工業 化学
4204 積水化学工業 化学
4208 宇部興産 化学
4217 日立化成工業 化学
4272 日本化薬 化学
4901 富士フイルムホールディングス 化学
9101 日本郵船 海運業
9104 商船三井 海運業
9107 川崎汽船 海運業
6113 アマダ 機械
6302 住友重機械工業 機械
6361 荏原製作所 機械
6417 SANKYO 機械
6472 NTN 機械
6473 ジェイテクト 機械
6481 THK 機械
7011 三菱重工業 機械
7013 IHI 機械
5901 東洋製罐 金属製品
5938 住生活グループ 金属製品
8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 銀行業
8308 りそなホールディングス 銀行業
8309 三井住友トラスト・ホールディングス 銀行業
8316 三井住友フィナンシャルグループ 銀行業
8327 西日本シティ銀行 銀行業
8331 千葉銀行 銀行業
8332 横浜銀行 銀行業
8333 常陽銀行 銀行業
8334 群馬銀行 銀行業
8354 ふくおかフィナンシャルグループ 銀行業
8355 静岡銀行 銀行業
8358 スルガ銀行 銀行業
8359 八十二銀行 銀行業
8369 京都銀行 銀行業
8377 ほくほくフィナンシャルグループ 銀行業
8379 広島銀行 銀行業
8382 中国銀行 銀行業
8385 伊予銀行 銀行業
8411 みずほフィナンシャルグループ 銀行業
8418 山口フィナンシャルグループ 銀行業
1801 大成建設 建設業
1802 大林組 建設業
1803 清水建設 建設業
1812 鹿島建設 建設業
1925 大和ハウス工業 建設業
1928 積水ハウス 建設業
1605 国際石油開発帝石 鉱業
3086 J.フロント リテイリング 小売業
3099 三越伊勢丹ホールディングス 小売業
3382 セブン&アイ・ホールディングス 小売業
8233 高島屋 小売業
8252 丸井グループ 小売業
8267 イオン 小売業
8270 ユニー 小売業
9831 ヤマダ電機 小売業
8473 SBIホールディングス 証券、商品先物取引業
8601 大和証券グループ本社 証券、商品先物取引業
8604 野村ホールディングス 証券、商品先物取引業
4676 フジ・メディア・ホールディングス 情報・通信業
9404 日本テレビ放送網 情報・通信業
9432 日本電信電話 情報・通信業
9433 KDDI 情報・通信業
9437 エヌ・ティ・ティ・ドコモ 情報・通信業
9602 東宝 情報・通信業
9613 エヌ・ティ・ティ・データ 情報・通信業
9766 コナミ 情報・通信業
2002 日清製粉グループ本社 食料品
2269 明治ホールディングス 食料品
2282 日本ハム 食料品
2503 キリンホールディングス 食料品
2801 キッコーマン 食料品
2802 味の素 食料品
2875 東洋水産 食料品
2897 日清食品ホールディングス 食料品
7701 島津製作所 精密機器
7762 シチズンホールディングス 精密機器
5002 昭和シェル石油 石油・石炭製品
5019 出光興産 石油・石炭製品
5020 JXホールディングス 石油・石炭製品
3105 日清紡ホールディングス 繊維製品
3401 帝人 繊維製品
9301 三菱倉庫 倉庫・運輸関連業
9364 上組 倉庫・運輸関連業
5401 新日本製鐵 鉄鋼
5405 住友金属工業 鉄鋼
5406 神戸製鋼所 鉄鋼
5411 ジェイ エフ イー ホールディングス 鉄鋼
9501 東京電力 電気・ガス業
9502 中部電力 電気・ガス業
9503 関西電力 電気・ガス業
9504 中国電力 電気・ガス業
9505 北陸電力 電気・ガス業
9506 東北電力 電気・ガス業
9508 九州電力 電気・ガス業
9509 北海道電力 電気・ガス業
9513 電源開発 電気・ガス業
9531 東京瓦斯 電気・ガス業
9532 大阪瓦斯 電気・ガス業
9533 東邦瓦斯 電気・ガス業
4062 イビデン 電気機器
4902 コニカミノルタホールディングス 電気機器
6665 エルピーダメモリ 電気機器
6701 日本電気 電気機器
6724 セイコーエプソン 電気機器
6752 パナソニック 電気機器
6753 シャープ 電気機器
6758 ソニー 電気機器
6762 TDK 電気機器
6767 ミツミ電機 電気機器
6770 アルプス電気 電気機器
6841 横河電機 電気機器
6845 山武 電気機器
6923 スタンレー電気 電気機器
6952 カシオ計算機 電気機器
6963 ローム 電気機器
6971 京セラ 電気機器
6981 村田製作所 電気機器
7752 リコー 電気機器
5706 三井金属鉱業 非鉄金属
5711 三菱マテリアル 非鉄金属
5802 住友電気工業 非鉄金属
5803 フジクラ 非鉄金属
8804 東京建物 不動産業
8815 東急不動産 不動産業
8630 NKSJホールディングス 保険業
8725 MS&ADインシュアランスグループホールディングス 保険業
8766 東京海上ホールディングス 保険業
8795 T&Dホールディングス 保険業
6201 豊田自動織機 輸送用機器
6902 デンソー 輸送用機器
7003 三井造船 輸送用機器
7201 日産自動車 輸送用機器
7203 トヨタ自動車 輸送用機器
7240 NOK 輸送用機器
7259 アイシン精機 輸送用機器
7261 マツダ 輸送用機器
7262 ダイハツ工業 輸送用機器
7267 本田技研工業 輸送用機器
7269 スズキ 輸送用機器
7270 富士重工業 輸送用機器
9005 東京急行電鉄 陸運業
9009 京成電鉄 陸運業
9020 東日本旅客鉄道 陸運業
9021 西日本旅客鉄道 陸運業
9022 東海旅客鉄道 陸運業
9042 阪急阪神ホールディングス 陸運業
9048 名古屋鉄道 陸運業
9062 日本通運 陸運業
9064 ヤマトホールディングス 陸運業

2011年5月18日水曜日

アムンディ・ターゲット・ジャパン・ファンド 2011年4月28日 保有銘柄

保有銘柄のリストですが

前月とあまり変化ないようです。

「長瀬産業」は4月に新規追加のようです。

「東京応化工業」「キッセイ薬品工業」「長瀬産業」は興味があります。

細かい企業分析はしていませんが、あまり株価が上昇していないこの時期にバリュー銘柄に分散投資をするのは悪くないと思っています。

4186 東京応化工業 半導体用フォトレジスト最大手。財務内容は健全で株主還元の向上に期待。
1961 三機工業 トヨタや三井系に強い総合設備工事の大手。PBRは0.44倍と割安。
6592 マブチモーター 小型モーターで世界トップ。過去8年間で1,200万株の自社株買いを実施。
6935 日本デジタル研究所 財務専用ソフトの大手。時価総額並みの現預金・有価証券を保有。
4547 キッセイ薬品工業 中堅医薬品メーカー。2011年5月に280万株の自社株買いを発表。
5946 長府製作所 時価総額並みの現預金・有価証券を保有。
8012 長瀬産業 化学品専門商社の最大手。2011年3月期配当は6円増配。
6113 アマダ 板金機械でトップ。業績回復による増配に期待。
8390 鹿児島銀行 財務内容は健全でPBRは0.48倍。自己資本比率14.0%は地銀トップレベル。
6804 ホシデン 任天堂向けが売上高の8割を占める電子部品。PBRは0.56倍。

2011年5月14日土曜日

JCBの「生活ほっとコース(個人賠償責任保険)」はお徳でお勧め

自転車で事故を起こしてしまったり、買い物中に商品を壊してしまったりした場合に備えて「個人賠償責任保険」は加入して損はない保険だと思います。
その際、クレジットカードの付帯を利用するのがお得だと思います。

幾つかのクレジットカードでサービスがありますが、

JCB生活ほっとコース(個人賠償責任保険)」月額保険料200円最もお得だと思います。
以下がリンクになります。

http://hoken.jcb.co.jp/product/insurance.php?product_id=62#fla


JCBの場合は【生活ほっとコース】月額保険料200円

セゾンの場合は【暮らし・持ち物安心プラン[B]】月額保険料300円

イオンカードは【家庭賠償責任プラン】月額保険料240円

ちなみに「楽天カード」でJCBを選んだ場合、「生活ほっとコース」をつけることが出来ませんので要注意です!

2011年5月5日木曜日

「元手50万円から始める! 月5万円をコツコツ稼ぐらくらく株式投資術」の感想

「元手50万円から始める! 月5万円をコツコツ稼ぐらくらく株式投資術」を読みました。

ishipponとしてはお勧めかつ有益な本だと思います!

【口座開設キャンペーンでノーリスクで現金収入】など面白い投資方法も紹介されています、型にはまらず柔軟に投資をするという意味で非常に面白かったです!

この本に書かれている手法で、リスクの低いものを選んでお小遣い稼ぎも面白いと思います。


何かの名言で「投資家とはワインが安ければ現地にワインを直接買いに行く人間である」という言葉を聞いたことがあります。

この本に書かれているように、儲かるタイミング・機会があれば柔軟に活用してゆくというのは非常に大切な姿勢だと思います。

ishipponもこの本を読んで、口座開設キャンペーンに応募をしようと思っています。