2011年8月29日月曜日

タイム・ディケイ(Time Decay)には時間があるから一休み

オプション(option)のタイム・ディケイ(Time Decay)は、はじめはゆっくり減少していき、満期の直前で急激に減少するようです。

焦って投資する必要もないのでIWMのオプション(option)について、どうするかはゆっくりと考え中です。

個人で投資しているので、判断に迷ったり気が向かなければ一息つけば良いかと思っています。

今は下落相場みたいですし、外国株式インデックスファンドを購入したほうが簡単で良いリターンが得れるかもしれません。

2011年8月27日土曜日

2011年8月27日 ポートフォリオ


IWMの put option の権利が執行され、IWMを購入しました。
また、「STAM グローバル株式インデックス・オープン」を追加で購入しました。

1ドル76円台の強烈な円高かつ、株式も下落しているのでパフォーマンスはかなり悪いです。

そんな中でも「KXI iShares S&P Global Consumer Staple」「IXJ iShares S&P Global Healthcare Sect」は期待以上に持ちこたえてくれています。KXIはパフォーマンスも良いです、シーゲル先生を信用して買い増しをしてもいいかなと思っています。(笑)

しばらく下落相場が続くかもしれないので、自分で取れるリスクの範囲内で投資をし市場から退場させられないように気をつけるつもりです。

資産分配は概算で【日本資産:外国資産=10:90】という割合になっています。

以下、現在のポートフォリオ(青時は新規)

【流動資産】
日本円
ドル

【日本株式】
2503 キリンHD
2665 MKI
2802 味の素
4968 荒川化学
6718 アイホン
6896 北川工
6957 芝浦電子
7203 トヨタ自
7503 アイ・エム・アイ
7749 メディキット
9652 日本医療
9986 蔵王産業

【外国株式 先進国】
STAM グローバル株式インデックス・オープン
IVV iShares S&P 500 Index
IWM iShares Russell 2000 Index
IJR iShares S&P SmallCap 600 Index
DVY iShares Dow Jones Select Dividend
VB  Vanguard Small-Cap
EFA iShares MSCI EAFE Index Fund
EFV iShares MSCI EAFE Value Index
VGK Vanguard European

【外国株式 新興国】
EEM iShares MSCI Emerging Markets Indx
VWO Vanguard Emerging Markets
DGS WisdomTree Emerging Mkts Small Cp Div Fd
EWZ iShares MSCI Brazil Index
HDB HDFC BANK LIMITED(インド個別銘柄)

【セクター別投資】
KXI iShares S&P Global Consumer Staple
IXJ iShares S&P Global Healthcare Sect

【オプション】
なし

2011年8月24日水曜日

Sold put IWM が行使される 「IWMを購入」


前回のエントリーで報告したオプション取引の結果報告です。


ポジションは
IWM (iShares Russell 2000 Index)
期限:2011/8/20
ストライクプライス:@80.00
オプション:sold put option

IWMの put の売り、cash secured put(キャッシュ・セキュアード・プット)になります。

8/20のIWMの終値は約$65.00でした。
結果として put option を行使されIWMを購入しました。

ということで、市場では$65.00で取引されているIWMを$80.00で購入したため、購入した瞬間から約$-15.00の含み損という結果になりました。

やはり、株価が大きく下がる時は option を利用していてもマイナスになってしまうようです、今後どのストライクプライスでcovered call(カバード・コール)を行ってゆこうか悩んでいます。

2011年8月16日火曜日

オプションの途中経過 Sold put IWM

前回のエントリーで報告したオプション取引の途中経過です。


ポジションは
IWM (iShares Russell 2000 Index)
期限:2011/8/20
ストライクプライス:@80.00
オプション:sold put option

IWMの put の売り、cash secured put(キャッシュ・セキュアード・プット)になります。

昨日のIWMの終値は$70.55です。
オプションの期限は8月20日なので、その日までに$80.00以下であればオプションは行使され、IWMを購入することになります。

とるべき対応として2つあります。

1.Put option をbuy back する、要は買い戻す。現在、ishipponが売っているオプションは売値よりだいぶ高い価格「$8.38」で取引されています。現在の状況でバイ・バックをすれば損がでます。(取引価格が$70.55のときに、$80.00のput optionはITM(in the money)のoptionになります。)

2.何もしない。権利が行使されることを覚悟して何もしないという選択。

現在、ishipponとしては「2.何もしない」を考えています。
当然、何もしない場合で8月20日にIWMが$70.00であれば、権利が行使され$80.00で購入させられます。あわせて購入した直後から70.00-80.00=-10.00なので、$-10.00の評価損となります。

Covered Call(cash secured put) 、カバード・コール(キャッシュ・セキュアード・プット)は保守的な戦略ですが、今回のように相場が急落した場合は損が出るようです。

相場が急落した場合、具体的にどうなるかの目安として活用してもらえればと思います。

2011年8月14日日曜日

電子書籍 洋書のフリーコンテンツ

現在、英語の勉強をしています。

あまり費用をかけずに勉強をしようと考えています。

洋書の電子書籍のフリーコンテンツがダウンロードできるページを紹介します。

スマートフォン、PC、ipad、iphon、kindle(その他電子書籍端末)で利用が出来ると思います。

kindleでは問題なく利用が出来ています。

【フリーコンテンツリンク】


Project Gutenberg


MobileRead


Free e-Books

ishipponは「Project Gutenberg」が使いやすくて良く利用しています。

お勧めの本(コンテンツ)は、「Walden by Henry David Thoreau」、ヘンリー・デイヴィッド・ソローの「ウォールデン 森の生活」です。日本語訳を読んで面白かったので現在、英語版に挑戦しています。

下のリンクは日本語版(アマゾン)ですが、英語版であれば上記のサイトより無料でダウンロード可能です。



2011年8月9日火曜日

またもや暴落

凄い下げです・・・
株式のポジションも多く、オプションはcash secured putであまり極端な下げ相場に強くありません。
ポートフォリオの下落はかなりあると思われます。
調べても仕方がないので調べていません。

備忘録として、

8月8日の米株式市場でダウ工業株30種平均が前週末比634ドル安と暴落し、
2001年の米同時テロや08年のリーマン・ショック級の史上6番目の下げ幅となっています。


8月9日の東京市場も下げ止まらず、日経平均株価は震災直後以来約5カ月ぶりに9000円を割り込んでいます。

実際にポジションは動かす予定はありません、バタバタせずに成り行きを見守ってゆこうかと思っています。

2011年8月6日土曜日

低ボラティリティー株式運用

2009年の論文ですが「低ボラティリティー株式運用」という資料を発見しました。

http://www.saa.or.jp/journal/prize/pdf/2009yamada.pdf

詳しくは論文を読んでいただきたいと思いますが、

要点として

「各国株式市場で低ボラティリティー株式の高リターン・アノマリー(高ボラティリティー株式の低リターン・アノマリー)が存在しているとのこと。」
低ボラティリティーの方がリターンが高いとのことです。

バリュー投資の指標(PER,PBR)による要因もあるとは思いますが、個人的には「大きく下がった銘柄が元の価格まで回復するのは非常に大変である」という要因もあるのではないかと考えています。

その点、バリュー投資やCoverd Call戦略はボラティリティーを減らすという意味でも有効ではないのかと思っています。