2012年12月27日木曜日

キャッシュセキュアードプット プットの売り をしました

12月27日に

キャッシュセキュアードプット ”プットの売り” をしました。

対象は「EFA」「EEM」です。

限月(期限の満了日)は3月になります。

この時期に売るのがベストかどうかは判りませんが、

相場の予想はしないで、機械的な運用をしています。

プットはコールに比べて流動性が劣ると言われていますが、

やはりその通りですね。

12月に”3月が満了日のプットオプション”はなかなか売れず、

指値を変更してやっと売ることができました。

相場を見ていてもあまり売買が活発ではありません、

オプションを利用するのであれば流動性という点にも注意が必要ですね。

2012年12月25日火曜日

アメリカ市場は12月25日も休み

アメリカ市場は12月25日も休みとなります。

12月22日が期限日だったオプションが少しありました。

新しいポジションを作るため、取引をしたいと思っているのですが、

アメリカ市場は12月25日も休みなのでオプションの取引も休みとなります。

12月22日 EEMのプットがワースレスとなる」にかわる、新しいプットオプションを売りたかったんですけどね。

2012年12月24日月曜日

ESTA(エスタ)の申請はアメリカ乗継ぎでも必要

アメリカ乗継ぎでも米国大使館でESTA(エスタ)申請が必要です。

アメリカに入国しない、乗継ぎ(トランジット)のみの場合も必須です。


個人でも、上記のサイトに従って申請すれば30分位で登録できます。

登録の際の手数料支払いは、クレジットカードのみです。

これから、年末年始で海外旅行に行かれる方も多いと思いますが、エスタの申請を忘れないように気をつけて下さい。

私も危うく忘れるところでした。

ちなみに、私はネットの格安航空代理店で航空券を購入しました、

その際に、アメリカ乗継ぎ(トランジット)にも関わらずエスタについては、まったくアドバイスがありませんでした。

対面販売の旅行代理店(H.I.Sとか)で面と向かって相談をしていればそういうアドバイスも貰えますが、ネットだと難しいのでしょう。

ネットの格安サービスには注意が必要ですね。

少し値段が高くても丁寧なサービスがつく商品を選んだ方が賢い場合もありそうです。



2012年12月23日日曜日

12月22日 EEMのプットがワースレスとなる

12月22日 ショートしていたEEMのプットオプションがワースレス・無価値となりました。

EEMは当日43ドル付近で値動きしており、

私が売っていたプットオプションは41ドルのストライクプライスだったので、権利が行使されず、めでたく無価値・ワースレスになりました。

この場合、市場でEEMを売却した方が高く売れるので、Put optionの価値は0になります。

最近は上げ相場なので、キャッシュセキュアードプット(プットオプションの売り)には相性がいい市場になります。

(プットオプションを売らずに、単純に株を買った方が儲かるという考え方もありますが・・・)

これで今年中の期限でショートしているオプションもなくなりました。
2012年のオプション取引も一段落です。

2012年12月21日金曜日

米ICEがNY証取を買収

米ICEがNY証取を買収するとのことです。

オプションの取引に直接影響が出るのかは判りませんが、
巨大な取引所が誕生するようです。

日本も早くアメリカのように取引しやすいオプション市場になって欲しいですね。
米ICE、NY証取を買収=巨大取引所誕生へ
時事通信 12月21日(金)
 商品先物取引などを手掛ける米インターコンチネンタル取引所(ICE)とニューヨーク証券取引所などを運営する米NYSEユーロネクストは20日、ICEがNYSEを買収することで合意したと発表した。買収額は約82億ドル(約6900億円)。総収入はNYSEがICEの約3倍の規模だが、時価総額で上回るICEがNYSEを買収する形で統合する。
 世界最大の株式取引所であるNYSEとICEの統合が実現すれば、金融派生商品(デリバティブ)取引でも米CMEグループ、ドイツ取引所傘下のユーレックスに次ぐ世界3位の巨大取引所が誕生する。 

2012年12月19日水曜日

EEMのコールが期限日前に行使される

またまた、EEMのコール・オプションが期限日前に行使されてしまいました。

権利が行使されたので、強制売却となります。

権利が行使されてから、そういえば配当の前だということに気がつきました。

本とかでは、期限日前の権利行使はレアだと書かれていますが、

配当前はそんなことありません。(実体験として)

特にストライクプライスがアットザマネーに近い場合は、権利行使されることが多いです。

すでに、何度か同じ目にあっています。

多分、損をしてるのでしょう。

賢い投資家であれば、”オプションを買い戻す費用”と”配当の額”を天秤にかけ、有利な取引をするべきです。

ボーとコールを売りっぱなしでいる私を尻目に、目ざとい投資家が権利を行使して配当をもらっているのだと思います。

気持ちを切り替えて、アウトオブザマネーのプットオプションを売り、キャッシュセキュアードプットのポジションを作りました。

 参考にしている本


<関連投稿>
【記事の紹介】 アルファの源泉としてのカバードコール戦略 参加メモ
カバードコールの限月までの期間の目安 1~3ヶ月がお勧め
期限前にオプションの権利が行使されるかどうかの目安を紹介
カバード・コール オプション戦略の有効性を表すのは難しい
カバードコールのリスクに要注意 高いプレミアムだけでの選択は危険
Collar(カラー)をするなら、プットの買いは期間が長いほうが良い
「プットの買い」がイン・ザ・マネーになったら要注意、放っておくと自動的に株が売却されるそうです
キャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)とは
カバードコール(Covered Call)とは
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)
プット・オプション(Put option)のデメリット・マイナス点
カバード・コールのまとめ
カバード・コール関連の本

<関連サイト>
マッタリ バリュー投資とカバード・コール(オプション戦略)

2012年12月17日月曜日

一発逆転 オプションで投機をするなら ディープ・アウト・オブ・ザ・マネーのプットのロング(買い)

一発逆転を狙って、

オプションで投機をするならば、


ディープ・アウト・オブ・ザ・マネーのプットのロング(買い)が面白いと思います。


相場のクラッシュ待ちポジション、


または、ブラックスワン待ちポジションです。


(ちなみに私は試したことはありません!また、あまりお勧めもしません!)

相場がクラッシュしたときに、ディープ・アウト・オブ・ザ・マネーのオプションは大きく儲かります。

また、プットの買いは買った金額が丸損になるだけで、空売りと違い損失は無限大ではありません。その点ではリスク管理がしやすいでしょう。

まあ、株価が大きく上昇するのを見込んでコールの買いもありだと思いますが、

期間の長い、ディープ・アウト・オブ・ザ・マネーのプットを買って、相場がクラッシュするのを待つという戦略の方が大きく儲かりそうです。

この本を読んでいたら、最後の方に”ディープ・アウト・オブ・ザ・マネーのプット買い”でクラッシュで儲けるという戦略が載っていました。


ちなみに、ブラックスワンで有名なタレブ氏も似たような戦略を推薦していたような気がします。
タレブ氏の文章は独特なので、いまいちはっきりと思い出せませんが・・・


 一応、一定の論理的な根拠があり&当れば儲かる戦略なのかもしれません。

私はまだそこまで思い切った取引をする気にはなれませんが・・・

2012年12月15日土曜日

12月13日にオプション取引をしました

12月13日にオプションの取引をしました。

IWM(iShares Russell 2000 Index)のキャッシュ・セキュアード・プットのポジションを調整しました。

ショートいていたプットオプションを、ローリング・アップ&アウトしました。

ストライクプライスを上げて、期間を延ばす取引をしました。

相場は上げ調子で市場のボラティリティーもあまり高くないので、オプションの売りには有利な環境ではなさそうですね。

タイムディケイでオプションのプレミアムが剥げるのに期待して売りをしています。

最近、細かく調べるのが面倒で詳細なポジションの公開をしていませんが、コツコツと取引をしています。

用語については<オプションのポジション調整の用語>で解説してます。


参考にしている本


<関連投稿>
【記事の紹介】 アルファの源泉としてのカバードコール戦略 参加メモ
カバードコールの限月までの期間の目安 1~3ヶ月がお勧め
期限前にオプションの権利が行使されるかどうかの目安を紹介
カバード・コール オプション戦略の有効性を表すのは難しい
カバードコールのリスクに要注意 高いプレミアムだけでの選択は危険
Collar(カラー)をするなら、プットの買いは期間が長いほうが良い
「プットの買い」がイン・ザ・マネーになったら要注意、放っておくと自動的に株が売却されるそうです
キャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)とは
カバードコール(Covered Call)とは
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)
プット・オプション(Put option)のデメリット・マイナス点
カバード・コールのまとめ
カバード・コール関連の本

<関連サイト>
マッタリ バリュー投資とカバード・コール(オプション戦略)

2012年12月13日木曜日

【kindle】「をぢの日記」のキンドルに関する記事は参考になります

をぢの日記さんのキンドル関連の記事は非常に参考になります。

私は、日米のアカウントの統合に関する記事なんかも参考になりました。

日本版 Kindle Paperwhite・Fire/HD FAQ・Q&A【まとめ】

直近では

日本版 Kindle Paperwhite 到着、速攻レビュー

も面白かったです。

今はアメリカのアマゾンからキンドルを購入して、アメリカのアマゾンアカウントで利用していますが、日本のキンドルも便利そうなので日米のアカウントの統合を考えています。

電子書籍は場所をとらなくて本当に便利ですね、持ち運びも楽ですし。

 <関連投稿>
【kindle】AmazonのKindle洋書、日本向けは値上げの参考記事
【kindle】日米Amazonアカウント併用ユーザーのKindle利用方法の紹介
【kindle】amazon.comの洋書が大幅値上げ
【kindle】Kindle FireをAmazon.co.jpで買ったらAmazon.comのアカウントってどうなるの?
【kindle】matsuu氏のKindleネタ 「青空mobi」「きんどるGmail」
【kindle】kindleの画面が「USB drive mode」から動かなくなる・フリーズしたときの解決方法
【kindleネタ】操作方法の案内サイト
電子書籍 洋書のフリーコンテンツ

2012年12月9日日曜日

オプションのポジション調整の用語

オプションでポジションを調整する時によく使う用語を紹介します。

カバード・コールのポジションをとっていることを前提として説明します。

ローリング(Rolling)
ショート(short)しているコール(call)ポジションをクローズして、新しいコール(call)を売ること

ローリング・アップ(Rolling up)
ローリングの際、新しく売るコールのストライクプライスを上げる取引

ローリング・ダウン(Rolling down)
ローリングの際、新しく売るコールのストライクプライスを下げる取引

ローリング・アウト(Rolling out)
ローリングの際、オプションの限月、オプションの期間を延ばす取引

ネット・クレジット(Net credit
オプションによる、”売り”の金額が”買い”の金額を上回っている場合

ネット・デビット(Net debit)
オプションによる、”買い”の金額が”売り”の金額を上回っている場合

下記の本より引用


<関連投稿>
【記事の紹介】 アルファの源泉としてのカバードコール戦略 参加メモ
カバードコールの限月までの期間の目安 1~3ヶ月がお勧め
期限前にオプションの権利が行使されるかどうかの目安を紹介
カバード・コール オプション戦略の有効性を表すのは難しい
カバードコールのリスクに要注意 高いプレミアムだけでの選択は危険
Collar(カラー)をするなら、プットの買いは期間が長いほうが良い
「プットの買い」がイン・ザ・マネーになったら要注意、放っておくと自動的に株が売却されるそうです
キャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)とは
カバードコール(Covered Call)とは
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)
プット・オプション(Put option)のデメリット・マイナス点
カバード・コールのまとめ
カバード・コール関連の本

<関連サイト>
マッタリ バリュー投資とカバード・コール(オプション戦略)

2012年12月6日木曜日

【記事の紹介】 アルファの源泉としてのカバードコール戦略 参加メモ


sawadybomb氏のまとめを紹介させて頂きます、


アルファの源泉としてのカバードコール戦略 参加メモ

になります。

アルファの源泉としてのカバードコール戦略」というセミナーがあったそうです。

講師は、 ハリンドラ・デ・シルバ 氏とのこと。

詳細は、上記のまとめリンクによりますが、かなり勉強・参考になります!

少しだけ内容を引用させて頂きますと、
CCがそもそもデルタヘッジ+タイムディケイ獲得という構造であることを考えれば納得だけど、有意に超過リターンが出てるのはなんでかな?
などなど。まっくその通りだと思います、核心を突いた指摘ですね。

”まとめ”ということで、本質的なことが簡潔に説明されています。

全ての内容を紹介したいくらいです・・・

残りは是非上記のリンクを確認して下さい。

記事を紹介させていただきましたが、もし問題があるようでしたら連絡下さい。本投稿を削除します。

ブログをやっていると、有益な情報を紹介してもらえる、かつ出会いがあって面白いですね~。

カバードコールはマイナーな投資戦略ですが、これからもコツコツと情報を発信していきたいと思います。

2012年12月2日日曜日

カバードコールの限月までの期間の目安 1~3ヶ月がお勧め

カバードコールの限月までの期間、権利が行使されるでの期間は

1~3ヶ月を選択するのが最もバランスが良いと思います。

1ヶ月+1ヶ月+1ヶ月の合計3ヶ月間で3回カバードコールをしてプレミアムを受け取るのと、

3ヶ月の期間のカバードコールを1回ショートしてプレミアムを受け取るのを比較すると

前者の、3回カバードコールをした方が”プレミアムの合計”は高くなります。

ただ、あまり権利行使日までの期間が短いとローリングなどのポジションを修正する手間が増え、手数料がかかるのでお勧めできません。

個人的な感覚だと、2ヶ月位が一番バランスが良いと思います。
流動性もあり注文も通りやすいですし、一日あたりのプレミアムも割が良い場合が多いです。

結論として、1~3ヶ月くらいのコールオプションをショートして、適宜ポジションを調整するのが一番良いでしょう。
In general, for better overall returns from covered writing, you will want to write a relatively close option most of the time. But if you want protection from the possibility of a significant drop in price, a more distant call may be warranted. We recommend covered writers generally use durations of one to three months and then adjust to fit personal preferences.
(訳)一般的に、カバードコールの良いリターンは、大抵の場合は比較的近い期間のオプションを売るのが良いでしょう。しかし、もしあなたが大きな下落からのプロテクションを望んでいるのならもっと離れた期間がよいでしょう。私たちは1~3ヶ月の期間のオプションを売り、個別の好みで調整することを勧めます

下記の本より引用


<関連投稿>
期限前にオプションの権利が行使されるかどうかの目安を紹介
カバード・コール オプション戦略の有効性を表すのは難しい
カバードコールのリスクに要注意 高いプレミアムだけでの選択は危険
Collar(カラー)をするなら、プットの買いは期間が長いほうが良い
「プットの買い」がイン・ザ・マネーになったら要注意、放っておくと自動的に株が売却されるそうです
キャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)とは
カバードコール(Covered Call)とは
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)
プット・オプション(Put option)のデメリット・マイナス点
カバード・コールのまとめ
カバード・コール関連の本

<関連サイト>
マッタリ バリュー投資とカバード・コール(オプション戦略)