2013年8月19日月曜日

アクルーアルは「営業利益-営業キャッシュフロー」で計算



目次
  • アクルーアルの計算方法
  • 会社の利益の質をリーズナブルに評価
  • なぜアクルーアルは小さい方が良いか?

アクルーアルの計算方法

アクルーアルの計算方法を紹介します。

  • アクルーアル=営業利益 - 営業キャッシュフロー(CF)


  • アクルーアル<0 の方が利益の質が良いと判断します。

※アクルーアルは小さい方が好ましい指標になります

会社の利益の質をリーズナブルに評価

アクルーアルは「会社の利益の質をリーズナブルに評価する指標」となります。

営業利益から営業キャッシュフロー(CF)を差し引くことで簡易に計算ができます。実は、もっと複雑な定義もありますが、とりあえず利用しやすい簡易な方法を紹介します。

なぜアクルーアルは小さい方が良いか?


  • 営業利益よりも営業キャッシュフロー(CF)が多いほど利益の質が高いことを意味しています。

なので、アクルーアル<0が好ましくなります。

また、キャッシュフローとは逆相関の関係になるため、「利益の質が良い企業=キャッシュフローが潤沢な企業」と考えることもできます。

アクルーアルに必要な数字は全て四季報に載っているので、簡単に計算することができます。

また、バリュー投資に有効な指標の一つと言われています。

総合分析 株式の長期投資
川北 英隆 (著)

P198に簡単な定義が書かれています。
ページ数は少ないですが、一番簡易な計算方法だと思います。

東大卒医師が教える科学的「株」投資術
KAPPA

アクルーアルとリターンの関係についての解説があります、バリュー投資に有効だあるとのエビデンスが紹介されています。

0 件のコメント: