2016年9月13日火曜日

「103万円の壁」と「130万円の壁」と資産からの収入

最近、「103万円の壁」と「130万円の壁」 の話題をよく耳にします。

10月から「106万円の壁」が出現 サラリーマンの妻はココに注意

この記事を読んでふと思ったのですが、

夫:サラリーマン

妻:103万円の壁以内でアルバイト & 株式からの配当が沢山ある

こういったパターンでも、妻は夫の扶養に入れるのか気になりました。

株式の配当を源泉徴収にしていれば、源泉分離課税となるので、夫の扶養に入れそうです。

外形上は普通の収入の家庭ですが、実際にはかなりリッチな夫婦になります。

このパターンの家庭は多くないと思いますが、税金的には合理的な選択だと思います。

日本は労働からの収入については厳しく課税をされますが、資産からの収入に関しては意外と税制や制度が追い付いていないような気がします。

0 件のコメント: