2017年3月6日月曜日

ストレスフリーな投資 高配当&株主優待&大企業&長期投資

目次
  • ストレスフリーな投資
  • 高配当
  • 株主優待
  • 大企業
  • 長期投資
  • 配当再投資
  • まとめ
  • 具体的な銘柄

ストレスフリーな投資

ストレスフリーな、精神的負荷の少ない、マッタリ投資できる方法を考えてみました。

キーワードは「高配当&株主優待&大企業&長期投資&配当再投資」です。

個人的には、この要素が揃っているとリラックスして投資ができます。

高配当

配当が多い方が評価額が下がって含み損を抱えているときでも精神的に楽ですね。配当を貰うことを目標にしていれば、評価額が下がったとしても配当が貰えている限り我慢できます。そもそも、株式のリターンの大部分は配当によるというエビデンスもありますし、凄く大事な要素です。

株主優待

株主優待を実施している会社の方が、長期保有をするモチベーションが上がります。短期でトレーディングをしたいと思っても、優待のことを考えて我慢ができます。結果的に長期保有をしつつ、優待も楽しめるので万々歳です。

大企業

景気が悪くなった時や、一時的な業績悪化があったしたとしても大企業&リーディングカンパニーであれば、安心して長期保有ができます。
逆に中小企業を景気が悪い局面や一時的な業績悪化の時にバイアンドホールドをするのはかなり精神力を必要とします。(個人的にはリターンの追求よりもリラックスして投資をできる方が重要です。)

長期投資

高配当な大企業を長期保有するのが税金面でも有利ですし、短期のトレーディングを繰り返すよりもストレスが少ないです。

配当再投資

配当は消費しないで投資に回すと、投資のリターンが格段に向上します。

まとめ

要は優良企業を長期保有して配当を再投資しつつ株主優待を楽しみましょう!という感じです。個人的には一番ストレスフリーでマッタリと投資ができます。

非合理的ですが、株主優待が貰えると思うと長期保有のモチベーションがあがります。

具体的な銘柄

具体的な銘柄としては、

  • 日本たばこ産業(これはタバコに対する好き嫌いがありますが)
  • アサヒグループホールディングス
  • キリンホールディングス
  • 味の素
  • KDDI

といったところでしょうか。



<関連投稿>


0 件のコメント: