2018年3月28日水曜日

主夫投資家を目指す


主夫投資家を目指す

働きたくない男子は投資をしよう 「男が働かない、いいじゃないか!」を読んで

上記の記事が思いのほかアクセスがあったんですよね。

投資マニアは「主夫」に理解があるのかもしれません。

ということで、今回は「主夫」について書いてみたいと思います。

実は、私は早く「主夫」になりたいなと考えています、というか目指しています。

正直、資力だけで考えれば「主夫」という選択もできそうです。ただ、いきなり会社を辞めるのは難しいので色々と計画をたてないといけません。

晴れて「主夫投資家」になったらまた報告します。

私の場合は、主夫&投資家になります。主夫をしつつ、投資でお金が稼げればベストです。

主夫投資家に必要な条件

  • 家族(妻)の理解
  • 見栄、世間体
  • それなりの金融資産
  • 住宅
主夫投資家に必要な条件を考えてみました、「それなりの金融資産」「住宅」なんかはわかりやすいですね。

一定の条件をクリアーすればあまり悩む必要はありませんし、判断も簡単です。

「それなりの金融資産」ですが、個人個人の状況に大きく左右されますが、2,000~3,000万円を超えたあたりから、「主夫投資家」を検討してもいいかと思います。
5,000~6,000万円があれば、投資できる期間と相談しつつ本格的な検討ができると思います。(妻が正社員などで働いていれば一気にハードルが低くなるのではないでしょうか。)
憶り人、1億円があればすぐにでも主夫投資家になってしまっていいんじゃないでしょうか。

「住宅」ですが、住宅ローンを完済した不動産があると心強いですね。賃貸ですと毎月のキャッシュアウトがあるので、資産運用でストックが多くても資金繰りが厳しいタイミングがあるかもしれません。
また、マンションの場合は個人の判断で資金計画をたてにくいのがデメリットです。戸建であれば自身の都合のみで資金計画をたてられるメリットがあります。

逆に、「家族(妻)の理解」「見栄、世間体」は感情面の要素なのでなかなか判断に苦しむかもしれません。(私の場合は、妻は理解がありますすし、見栄や世間体はあまり気にしないので、この点はクリアーしています。)

「それなりの金融資産」と「住宅」について、ある程度の目途がたてば主夫投資家への道が大きく開けると思います。


男だから、男だけがストレスフルに働く必要はありません。


いきなり無職になるのではなく、減速してパートとかをするのは合理的です。

0 件のコメント: